飲酒運転の発覚恐れ、クルマを放置して逃走

自動車 社会 社会

8日未明、東京都八王子市内の市道で、交差点を進行していた乗用車同士が出会い頭に衝突する事故が起きた。うち1台を運転していた外国人男性が死亡。もう1台の運転者は現場から徒歩で逃走したが、警察は後に出頭してきた35歳の男を逮捕している。

警視庁・八王子署によると、事故が起きたのは8日の午前1時10分ごろ。八王子市台町2丁目付近の市道で、交差点を進行していた乗用車同士が出会い頭に衝突した。

衝突によって双方のクルマは大破。このうちの一方を運転していた外国人とみられる30歳前後の男性が腹部強打。近くの病院に収容されたが、まもなく死亡した。もう一方のクルマを運転していた人物は、大破して自走不能となったクルマを現場に放置して徒歩で逃走。警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始している。

事件から約1時間後、高尾署に35歳の男が出頭。飲酒運転の発覚を恐れて現場から逃走したことが判明したことから、警察は自動車運転過失致死と道路交通法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)容疑で逮捕した。

現場は信号機の無い交差点。一時停止義務は死亡した男性側にあった。警察では事故の詳しい状況と、死亡した男性の身元について調べを進める方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集