転倒で投げ出されたライダー、後続車がひき逃げ

自動車 社会 社会

2日正午ごろ、愛知県新城市内の国道301号を走行中のバイクが並走していた乗用車と接触。路上に投げ出されたバイクの運転者が後続の普通トラックにはねられて死亡する事故が起きた。トラックは逃走したが、警察は後に49歳の男を逮捕している。

愛知県警・新城署によると、事故が起きたのは2日の午後0時ごろ。新城市作手田原付近の国道301号で、路肩を走行していた32歳男性運転のバイクと、並走していた乗用車が接触した。

バイクは接触の弾みで転倒。運転していた男性は路上に投げ出されたが、乗用車の後ろを走っていた普通トラックにはねられた。男性は近くの病院に収容されたが、出血性ショックでまもなく死亡。トラックはその場から逃走したため、警察は重傷ひき逃げ事件として捜査を開始している。

警察では目撃情報から逃走したトラックを早期に特定。現場から約5km離れた場所で発見し、運転していた49歳の男を道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で緊急逮捕。自動車運転過失致死容疑でも調べを進める方針だ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品