三菱マテリアル、ドリルなどハイス製品を値上げ

自動車 ビジネス 企業動向
三菱マテリアルの加工事業カンパニーは、ドリル、エンドミル、歯切工具、ブローチなどの高速度工具鋼を使用したハイス製品を値上げすると発表した。値上げは10月1日国内販社出荷分からで、値上げ幅は5 - 10%以上。

ハイス製品の主要原材料である鉄鋼のほか、バナジウム、タングステン、モリブデンなどのレアメタルの価格が大幅に上昇しており、今後も先高感が根強い状況にある。

今回値上げの対象となる製品は、主要原材料価格高騰などを背景に2005年に値上げを実施する一方で、徹底した合理化による生産性向上、業務改善の取り組み、あらゆる面でのコストダウンに努力してきたが、さらなる原料価格高騰による影響が非常に大きいため、値上げするとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集