古河電工、銅製品を値上げへ

自動車 ビジネス 企業動向

古河電気工業は、エネルギー・産業機材カンパニーエネルギー事業部が銅線を値上げすると発表した。9月1日出荷分から最大で1kg当たり10円値上げする。

値上げは、銅価格高騰に伴う金利負担の増加や、運賃・副資材およびエネルギーコストの上昇によるもの。

また、原料費のロスや、銀、錫などを微量に添加する合金線についても主要な金属が高騰する中、コストアップが無視できない状況とし、添加量に見合う価格スライド制度を導入する。

原油価格が高水準で推移する中、銅線製造に関わる燃料・輸送費など、合理化・コストダウンなどの企業努力では吸収できない状況となっており、今後の製品の安定供給を行っていくためにはそれらの価格上昇の一部を製品価格に転嫁せざるを得なくなったとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集