Uターン中のクルマとバイクが衝突、1人死亡

自動車 社会 社会

3日午後、奈良県奈良市内の市道で、対向車線側にUターンしようとしていた軽乗用車と、対向車線を順走してきたバイクが衝突した。バイクは転倒し、運転の男性が路上に投げ出されて死亡している。

奈良県警・奈良署によると、事故が起きたのは3日の午後3時35分ごろ。奈良市左京1丁目付近の市道で、対向車線側にUターンしようとしていた軽乗用車と、対向車線を順走してきたバイクが衝突した。

バイクは弾き飛ばされるようにして転倒。運転していた34歳の男性は路上に投げ出された際に腹部を強打。近くの病院に収容されたが、まもなく死亡した。警察ではクルマを運転していた37歳の女を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替えて調べを進めている。

警察では軽乗用車側の安全確認に怠りがあったのものとみて、事故の状況について調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集