大同メタル第1四半期決算…大幅減益

自動車 ビジネス 企業動向
大同メタル工業が発表した2008年4 - 6月期(第1四半期)連結決算は、営業利益が前年同期比19.0%減の4億4200万円と大幅減益となった。

国内自動車向けが増加したほか、欧州でも受注は順調に推移し、造船・建設機械、一般産業向けも好調だったことから売上高は同5.5%増の171億6400万円となった。

原材料価格の高騰などで、損益は営業減益となった。経常利益は同62.5%減の1億7100万円、当期純利益がほぼ横ばいの6800万円だった。

中間期連結決算見通しは上方修正したが、原材料価格高騰などから通期連結業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集