双日プラネットと三菱重工、大韓テクレンから太陽電池パネルを受注

自動車 ビジネス 企業動向

双日の100%子会社で、合成樹脂事業会社である双日プラネットと三菱重工業は共同で、韓国の太陽電池システムインテグレーターである大韓テクレンから太陽光発電設備の心臓部である太陽電池パネルを受注した。

双日プラネットが別途契約するインバーターと合わせて、受注金額は約15億円。

三菱重工業が製造する薄膜型太陽電池で、アモルファス型と最新型の微結晶タンデム型と呼ばれる高効率の太陽電池の2種類を納入する。薄膜型太陽電池は、現在普及している結晶型太陽電池に比べて、シリコンの使用量を約100分の1に削減することが可能で、製造時に使用するエネルギーが少なく、二酸化炭素排出の削減効果も大きいことから、環境に配慮した次世代型の太陽電池として注目を集めている。

双日プラネットは、太陽電池で発電した直流電流を交流電流に変換するインバーターも同時に受注した。電源専門メーカーである三社電機製作所の高効率・大容量のインバーター製品を納入する。

大韓テクレンは、韓国第2位の電線メーカーである大韓電線の100%子会社で、太陽光発電の設計・建設などのエンジニアリングを行っている。今回納入する太陽光発電設備は、慶北栄州市で計画されている3メガワットの太陽光発電向けで、薄膜型太陽電池を利用する太陽光発電としては韓国最大規模のプロジェクトで、2008年9月末に完工し、10月から発電を開始する予定。

韓国では、太陽光発電事業優遇政策(フィードインタリフ制度)に基づいて、太陽光発電事業者向けに補助金を支給、太陽光発電の普及を図っている。韓国政府は今後3年間に、累計500メガワットまで補助金を支給する政策を打ち出しており、電力会社だけでなく、投資運用会社やガス会社などの新規参入が相次いでいる。韓国における太陽光発電事業の増加に伴い、太陽電池市場も2010年には1000億円規模まで拡大すると見られている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集