タクシー運転手に鎌を突きつけ、現金強奪

自動車 社会 社会

24日朝、福岡県北九州市門司区内の市道で、客を装って乗り込んだ男にタクシー運転手の男性が襲撃され、売上金約4000円を奪われる事件が起きた。運転手は軽傷を負っており、警察では強盗傷害事件として捜査を開始している。

福岡県警・門司署によると、事件が起きたのは24日の午前7時20分ごろ。北九州市門司区猿喰付近の市道を走行していたタクシーに乗っていた客の男が運転していた69歳の男性を工具のようなもので殴打し、刃渡り約20cmの鎌を首に突きつけ、「カネを出せ」と脅した。

男性は鎌を取り上げて車外に逃げ出したが、男は助手席に置いてあった売上金約4000円の入ったバッグを奪うとそのまま逃走した。運転手は全治2週間程度の軽傷を負っており、警察では強盗傷害事件として捜査を開始している。

容疑者の男は25-30歳で長髪、作業着姿。北九州市小倉南区内のJR城野駅前からタクシーに乗車。門司区の城山霊園まで行くように指示していた。警察では付近に土地勘のある者の犯行とみて、周辺での捜索を続けている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集