ブリヂストン、市販用タイヤをまたまた値上げ

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは、国内市販用タイヤのメーカー出荷価格を値上げすると発表した。値上げするのは国内市販用タイヤ、チューブ、フラップで、9月1日から夏・冬タイヤとも値上げする。

平均値上げ率は、乗用車用・小型トラック用タイヤが5%、トラック・バス用タイヤが7%、建設車両用タイヤが10%、産業車両用タイヤが7 - 10%、二輪自動車用タイヤが3 - 10%、その他のタイヤが7%で、チューブ、フラップが10%。

同社は、原材料価格の高騰を理由に、今年3月(冬タイヤは4月)に値上げを実施したばかりだが、その後も天然ゴム価格は上昇を続けており、原油価格が歴史的高値を更新していることに伴って合成ゴム・カーボンブラックなどの石油化学系原材料の価格もさらなる高騰を続けている。

こうした原材料価格の高騰に対して、生産性の向上やコスト削減などの施策を継続してきたが、企業努力のみでこれを吸収することは困難であると判断し、国内市販用タイヤのメーカー出荷価格を値上げするとしている。

また、同社は自動車メーカー各社に対しても、タイヤ販売価格の大幅な引き上げを要請している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集