5人の乗ったクルマがスリップ、電柱に衝突

自動車 社会 社会

22日深夜、福井県坂井市内の市道を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路左側の電柱に衝突する事故が起きた。クルマは大破し、乗っていた5人が死傷している。速度超過で進行中、雨でスリップしたとみられている。

福井県警・坂井署によると、事故が起きたのは22日の午後10時10分ごろ。坂井市春江町付近の市道を走行していた19歳少年の運転する乗用車が路外に逸脱。道路左側の電柱に衝突した。

クルマは大破。助手席に同乗していた18歳の男性と、後部座席の左側と中央に同乗していた18歳と19歳の男性が全身強打で間もなく死亡。運転していた少年と、後部座席右側に同乗していた19歳の男性が打撲などの軽傷を負っている。後部座席に乗っていた3人はシートベルトを着用していなかった。

現場は片側1車線の直線区間。事故当時は強めの雨が降っており、路面が滑りやすくなっていた。警察では速度超過状態で進行していたクルマが雨でスリップし、コントロール不能のまま電柱に衝突したものとみて、運転していた少年から自動車運転過失致死傷容疑で事情を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集