旭硝子、自動車用ガラスの値上げ交渉を開始

自動車 ビジネス 企業動向

旭硝子は、自動車用ガラス製品の販売価格を引き上げる交渉を開始したと発表した。自動車用ガラス製品の販売価格を10%前後引き上げを目指す。すでに顧客ごとに個別の交渉を開始しており、補修用も含め販売価格の是正を進めていく。

自動車用ガラス製品は、重油をはじめ原燃材料価格の高騰に伴い、主要材料である板ガラスや中間膜などの価格が短期間で急激に高騰している。

加えて、製造設備を動かすために必要なエネルギー、輸送費などサプライチェーンにかかわるコストなども急騰していることから、これまでのようにコストダウンによる企業努力だけでコストアップ分を吸収することは限界にきているとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集