デュポン、エンジニアリングポリマーの出荷価格を値上げ

自動車 ビジネス 企業動向

デュポンは、エンジニアリングポリマー製品を7月1日出荷分から値上げすると発表した。

原油、ナフサ価格が高値で推移する中、全世界的に各化学基礎原料の価格が高騰しており、あわせて供給に関しても厳しい状況が続いている。

同社では、可能な限りのコストダウンや業務合理化などを実施しているものの、原材料の高騰、エネルギーコストの上昇に対応できない状況となっており、今後も引き続きこうした状況が予想されるため、今回の値上げを行うことを決定したとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集