ホンダ、ブラジル工場で四輪車の累計生産50万台達成

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ、ブラジル工場で四輪車の累計生産50万台達成
  • ホンダ、ブラジル工場で四輪車の累計生産50万台達成
  • ホンダ、ブラジル工場で四輪車の累計生産50万台達成
ホンダは、ブラジルの四輪車生産販売合弁会社であるホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ(HAB)が6月18日に累計生産台数50万台を達成したと発表した。

HABは1997年9月に『シビック』の生産で操業を開始、2003年には『フィット』の生産を加え、ブラジル国内向けのほか、アルゼンチン、ペルー、チリなどの周辺国向けモデルも生産してきた。2006年にはブラジルで人気の高いフレックスフューエル対応車(FFV)をシビックとフィットの両車種に設定した。2007年は、両車種を合わせたFFV比率が4割を超えている。

年間生産能力は、南米市場における好調な販売状況を反映し、生産開始当初の5万台から2007年には10万台に増強した。さらに、今年8月には12万台に拡大する。また、2008年5月に新たにエンジン部品工場の操業を開始するなど、現地調達の拡張も進めている。

2008年の年間生産台数は国内向けと輸出向けを合わせ約13万台を計画している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集