【スバル エクシーガ 発表】180cm+・90kg+の記者がしっくりした運転席

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル エクシーガ 発表】180cm+・90kg+の記者がしっくりした運転席
  • 【スバル エクシーガ 発表】180cm+・90kg+の記者がしっくりした運転席
  • 【スバル エクシーガ 発表】180cm+・90kg+の記者がしっくりした運転席
  • 【スバル エクシーガ 発表】180cm+・90kg+の記者がしっくりした運転席
  • 【スバル エクシーガ 発表】180cm+・90kg+の記者がしっくりした運転席
  • 【スバル エクシーガ 発表】180cm+・90kg+の記者がしっくりした運転席
  • 【スバル エクシーガ 発表】180cm+・90kg+の記者がしっくりした運転席
  • 【スバル エクシーガ 発表】180cm+・90kg+の記者がしっくりした運転席
  • 【スバル エクシーガ 発表】180cm+・90kg+の記者がしっくりした運転席
17日に発表された、スバル初の多人数乗りの新型車『エクシーガ』。まずは運転席に180cm+・90kg+の巨漢記者が乗り込んでみた。

フロントドアの開口角度は、90度に近い。フロア高もシート高も低いので、小柄な女性の方でも乗り降りしやすいと思われる。が、記者の場合はフロア高の低さはいいのだが、シート高が少し低いようで、乗り降りは少しばかり「よっこらしょ」という状態だった。ただし、座ってしまえば問題ない。このフロントシートの低さは、どうやらセカンド、サードと徐々に高くなっていく、「シアターシートレイアウト」と呼ばれる見晴らしの良さを採用しているためと思われる。

室内高そのものは1275mmあり、座高1mほどの記者が標準的なリクライニング角度で座って、天井までコブシひとつ分以上の余裕。パノラミックガラスルーフなら、さらに空間が広がる形だ。

室内幅は1510mmあり、横方向も問題なし。記者並に肩幅がある人(60cm+)が助手席に乗ったとしても、シフトチェンジの際に腕がぶつからないはずだ。ドア内側のアームレストの幅が結構ある点は、個人的にポイントの高いところ。助手席側は余裕があっても、ドアのアームレストは幅が狭いクルマが意外と多いので、どっかりと右腕も置けるのは嬉しいところである。

ヒザ周りは、一見するときつそうに見えるかも知れないが、ステアリングが結構手前に出ているので、思う以上に余裕がある。記者の場合、シートポジションを足に合わせるとステアリングが少し遠く、腕で合わせるとヒザが窮屈になることが多いのだが、非常にしっくりしたので、少し驚いたのが正直なところ。また足下のスペースも問題ない。28cmの記者の大足でも、大丈夫である。左足ブレーキを使う場合も、申し分なかった。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集