マツダ、防府工場が累計生産800万台突破

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ、防府工場が累計生産800万台突破
  • マツダ、防府工場が累計生産800万台突破
  • マツダ、防府工場が累計生産800万台突破
  • マツダ、防府工場が累計生産800万台突破
マツダは、同社の防府工場での累計生産台数が1982年9月の生産開始以来、25年9か月で800万台を突破したと発表した。同社は13日、防府第2工場で累計生産800万台記念式典を実施した。

マツダの中野雅文執行役員防府工場長は「今後も高品質なものづくりをさらに進化させ、常に世界の自動車工場のトップランナーとしてお客様に喜ばれる商品を提供していきたい。累計生産台数800万台は、さらなる飛躍への通過点であり、全員が力を合わせて、900万台、1000万台を目指して進んでいく」と述べた。

2003年に市場導入した『アクセラ』が毎年、前年実績を上回る生産を続けてきたことに加え、2007年8月に生産を開始した新型『アテンザ』が生産台数を引き上げ、700万台から800万台までの100万台の生産は同工場としては最短となる1年11か月で達成した。

防府工場は、1981年に中関地区で自動車部品の生産を開始し、翌年に西浦地区に現在の第1工場を建設、同年9月からマツダの本社・宇品工場(広島県)とならぶ乗用車の主要生産拠点として、『カペラ』などの生産を開始した。その後1992年に「ひとにやさしい自動車工場」をコンセプトに西浦地区に第2工場を建設し、同年2月からユーノス『500』などの生産を開始した。

マツダの販売不振とともに、稼働率が落ち込んだものの、2002年5月の初代アテンザの生産開始以降、フル生産の状況が続き、2007年に第2工場の生産能力を増強した。現在の生産能力は第1、第2工場合せて年間約48万1000台で、第1工場でアクセラ、第2工場でアテンザとアクセラを生産している。

2007年度の生産台数は51万1916台と3年ぶりに過去最高を更新するとともに、同工場の単年度生産台数としては初めて50万台を突破した。トランスミッションを生産する防府工場中関地区では1981年以来、2700万基以上のトランスミッションを生産している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集