強引な追い抜きが原因でバイクと正面衝突

自動車 社会 社会

9日夜、北海道旭川市内の市道を走行していた乗用車が前走車を追い抜こうと対向車線側に進出した際、対向車線を順走してきた原付バイクと正面衝突する事故が起きた。双方の車両は大破。バイクを運転していた男性が死亡している。

北海道警・旭川東署によると、事故が起きたのは9日の午後8時40分ごろ。旭川市東旭川町日ノ出付近の市道を走行していた乗用車が、前走する車を追い抜こうとして対向車線側に進入、直後に対向車線を順走していた原付バイクと正面衝突した。

乗用車は速度を上げた状態でバイクに突っ込んでおり、双方の車両は大破。バイクを運転していた50歳の男性は路上に投げ出され、全身強打で間もなく死亡。乗用車を運転していた26歳の男性も右足骨折の重傷を負い、近くの病院に収容されている。

現場は片側1車線の直線区間。警察では乗用車の強引な追い抜きが事故の主因とみて、運転していた男性の回復を待ち、自動車運転過失致死容疑で事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集