古河電工、子会社を吸収合併…電解銅箔事業強化

自動車 ビジネス 企業動向

古河電気工業は、全額出資子会社の古河サーキットフォイル(FCF)を吸収合併すると発表した。FCFは、古河電工の電解銅箔製品の製造を担う100%子会社。

FCFは、これまでは子会社として電解銅箔事業を展開してきたが、同事業の更なる発展を目指し、古河電工の中核事業と位置付け、10月1日付で吸収合併する。

今後は、FCFがこれまで培ってきた事業上の強みに加え、古河電工の技術力・人材力を効果的に発揮し、電解銅箔事業の総合力強化を図るとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集