橋のジョイント部でスリップ 正面衝突で3人死傷

自動車 社会 社会

5月31日午前、千葉県銚子市内の県道を走行中の乗用車が対向車線側に逸脱。対向車線を順走してきた大型トレーラーと正面衝突した。乗用車は大破。乗っていた男性2人が死傷している。

千葉県警・銚子署によると、事故が起きたのは5月31日の午前11時5分ごろ。銚子市名洗町付近の県道を走行していた33歳男性の運転する乗用車が対向車線側に逸脱。対向車線を順走してきた大型トレーラーと正面衝突した。

乗用車は右側部分が大破。運転していた男性が全身強打で間もなく死亡。助手席に同乗していた33歳の男性が打撲などの軽傷。大型トレーラーを運転していた52歳の男性も足などを打撲する軽傷を負っている。

現場は片側1車線の直線区間。当時は雨で路面が濡れており、滑りやすい状態だった。クルマは高架橋のジョイント部(金属部)を通過した際にスリップしたものとみられている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集