新日鉄関連会社、鋼管の試験データを捏造

自動車 ビジネス 企業動向

新日本製鐵は、関連会社のニッタイが同社の野田工場で生産している溶接ステンレス鋼管について、規格・契約などに定められた水圧試験を実施していないことが判明したと発表した。

ニッタイは、水圧試験を行わずに試験データを捏造して、新日鉄ブランドで出荷していた。

経済産業省は工業標準化法違反にあたる疑いがあるととして調査に乗り出した。

新日鉄では出荷されたOEM材に関する品質保証責任があり、未出荷となっている製品の取扱いも含めて、それぞれの顧客に対して、詳細な説明を行うとしている。

また、今回の事態を踏まえ、グループの品質管理体制、特にグループ会社およびOEM委託加工先に対する品質監査のあり方についての見直して、信頼回復と再発防止に向けて全力を尽くすと、している。

JFEホールディングスでも鋼管の強度試験のデータを捏造していたことが発覚しており、経済産業省から厳重注意を受けている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集