豊田合成、米クリー社とLED関連特許に関する契約を締結

自動車 ビジネス 企業動向

豊田合成は、米国のクリー社と、白色LED技術を含むLEDの特定技術に関し、相互の特許を活用できる契約を締結したと発表した。豊田合成とクリーは、公正な競争により、高品質で高輝度のLED開発とLED市場の拡大を図る。

豊田合成とクリーはオプトエレクトロニクス分野において広範な特許を保有している。今回の契約により、双方の特許を懸念する必要がなくなったため、両社は開発努力の自由度が広がる。このため、両社の研究が促進され、LED技術の発展が期待されると、している。

また、契約締結の事実が、LED顧客における知的財産問題を軽減するとともに、LED市場における知的財産の重要性の認識が広がることを期待すると、している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集