損保ジャパン、オンデマンド型の新保険金請求案内文書を開発

自動車 ビジネス 企業動向
損害保険ジャパンは、顧客の事故内容・契約内容にあわせてオンデマンド印刷を行う新「保険金請求案内文書」を開発した。新文書での案内は30日から開始する。

損保ジャパンは、従来、事故や契約の内容に関わらず定型の保険金請求案内文書を送付してきたが、新「保険金請求案内文書」では、顧客の事故に関係のある内容をより一層わかりやすく案内する。これによって顧客へ漏れのない適正な保険金を支払うために活用していく。

新「保険金請求案内文書」では、顧客一人一人の事故内容、契約内容にあわせて支払われる可能性のある保険金等を案内するほか、顧客の担当者を分かりやすく案内する。

文書は事故受付と同時に自動的に作成、顧客に漏れなく迅速に案内する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集