ガソリン170円台へ…出光興産が卸価格9.5円値上げへ

自動車 ビジネス 企業動向

出光興産は、6月1日から15日まで出荷する石油製品卸価格を5月16 - 31日比で1リットル当たり9.5円値上げすると発表した。

同社が卸価格改定の指標としているドバイ、オマーン原油の大幅な高騰に伴って、原油調達コストが急激に上昇した。原油価格上昇に伴う諸コストの増加分についても転嫁するため、大幅な値上げに踏み切る。値上げするのはハイオク、レギュラーガソリン、灯油、軽油、A重油。

現在店頭でのガソリン価格はレギュラーが1リットル当たり160円前後となっており、地域によっては小売価格が170円台に突入するのは必至だ。

編集部注 --- e燃費によると購入価格の平均は5月27日17時00分現在、レギュラー153.8円/リットル、ハイオク163.5円/リットルとなっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集