警察署の駐車場にクルマを突入させる 男を逮捕

自動車 社会 社会

17日早朝、岐阜県大垣市内にある岐阜県警・大垣署の正面玄関横にある駐車場に乗用車が突っ込み、駐車中の捜査車両(覆面パトカー)2台を破壊する事件が起きた。警察ではクルマを運転していた40歳の男を現行犯逮捕している。

同署によると、事件が起きたのは17日の午前6時10分ごろ。大垣市江崎町付近にある同署の正面玄関南側駐車場に市道を進行してきた乗用車が突っ込んだ。クルマは駐車中の覆面パトカー1台を直撃。中破した状態で押し出されたパトカーは、隣の区画に駐車されていた別のパトカーにも接触。2台が被害を受けた。

クルマを運転していたのは同市内に在住する40歳の男。器物損壊の現行犯で逮捕されたが、意味不明な言動を繰り返しているという。

現場にはブレーキを掛けた痕跡が見られず、警察では男が故意に衝突させたものとみている。アルコール分は検出されていないが、薬物摂取の可能性があり、慎重に調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集