飲酒運転のクルマ、コンビニに突入

自動車 社会 社会

17日早朝、静岡県静岡市駿河区内のコンビニエンスストア駐車場で乗用車が暴走し、窓ガラスを突き破って店内に突っ込む事故が起きた。クルマを運転していた52歳の男からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出。警察は飲酒運転の現行犯で逮捕した。

静岡県警・静岡南署によると、事故が起きたのは17日の午前6時ごろ。静岡市駿河区西島付近にあるコンビニエンスストア駐車場に進入してきた乗用車が突然加速、暴走状態となり、窓ガラスを突き破って店内に進入した。

このコンビニには5人の従業員がいたが、事故当時は全員が店の奥側にいたため、ケガはなかった。クルマを運転していた52歳の男は酒に酔った状態。アルコール検知の結果、酒気帯び相当量のアルコール分を検出したところから、道路交通法違反の現行犯で逮捕。建造物損壊の容疑でも調べを進めている。

調べに対して男は「駐車しようとした際にアクセルとブレーキを踏み間違えた」などと供述しているが、「アルコールのせいではない」とも主張しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集