タチエス、中国に開発会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向
タチエスは、グローバル開発体制の構築と整備を目的に、中国に開発会社を6月に設立すると発表した。開発新会社は、信昌国際投資有限公司(本社=英領バージンアイランド)と合弁で設立する。

新会社は「福州泰昌汽車座椅研発有限公司」で、資本金が約1億円。タチエスが70%、信昌国際投資が30%出資する。従業員数は当初10人で、自動車用シートの設計開発・試作実験を行う。

中国市場で開発拠点を展開することで、開発・設計の効率化と人材の活用、現地材を有効に活用した得意先への提案力を強化することで、開発体制を強化するのが狙い。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集