関西ペイント3月期決算…売上11.0%増の営業利益7.5%増

自動車 ビジネス 企業動向

関西ペイントが発表した2008年3月期連結決算は、売上高は前年同期比11.0%増の2565億8600万円と、2ケタの増収となった。営業利益も同7.5%増の237億5500万円となり増益となった。

自動車塗料分野では、新車用塗料がタイ、インドネシア、中国などで販売が好調だったほか、補修用では揮発性有機化合物の排出を低減した新製品の販売が増えたことなどから増収となった。工業塗料分野も順調だった。

売上げが全体的に順調で、付加価値の高い新商品の販売が増えたこともあって収益面も好調で、経常利益は同6.6%増の261億2400万円、当期純利益は同3.7%増の137億5400万円と増益だった。

今期の業績見通しは、売上高が同7.2%増の2750億円、営業利益が同5.2%増の250億円、経常利益が同5.3%増の275億円、当期純利益が同20.0%増の165億円を見込んでいる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集