フェラーリが衝突事故で大破、2人重傷

自動車 社会 社会

11日午前、静岡県富士市内の東名高速道路上り線を走行していたイタリア製の高級乗用車(=フェラーリ)が路外に逸脱。道路左側のガードレールに激突する事故が起きた。乗用車は原型を留めないほどに大破。乗っていた男女2人が重傷を負っている。

静岡県警・高速隊によると、事故が起きたのは11日の午前9時20分ごろ。富士市伝法付近の東名高速道路上り線を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路左側のガードレールに衝突した後に弾き飛ばされ、第1車線を走行していた大型観光バスの側面に衝突。再び路肩に飛ばされ、ガードレールに再度衝突した。

クルマは原型を留めないほどに大破。運転していた43歳の男性が全身を強打して重体。助手席に同乗していた女性があごの骨を折る重傷を負った。バスの乗客乗員にケガはなかった。

事故を起こした乗用車はイタリア製の高級車で、同日に富士スピードウェイで開かれていたイベントに向かう途中に事故を起こしたとみられる。事故当時、クルマは120km/h以上の速度で走行していたとみられるが、ハンドル操作を誤ってスリップしたことが事故の発端と推測されている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集