大阪チタニウムと住友金属、高活性可視光応答型光触媒を開発

自動車 ビジネス 企業動向
大阪チタニウムテクノロジーズと住友金属工業・総合技術研究所は、新しいタイプの高活性可視光応答型光触媒を共同開発したと発表した。

開発したのは、アセトアルデヒトやトルエンなどの揮発性有機化合物(VOC)の分解速度で、従来品の約5倍の性能を発揮し、さらにアンモニアなどの臭気物質も効果的に分解する。

開発品はその性能から、可視光応答型光触媒を急速に普及させる可能性がある。大阪チタニウムテクノロジーズは今年度中に開発品の量産化を進め、今後の需要拡大に対応する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 田中貴金属と米CIS、排ガス用触媒の合弁会社設立 画像 田中貴金属と米CIS、排ガス用触媒の合弁会社設立
  • 燃料電池の高性能化、日立マクセルが新触媒を開発…白金の約4.8倍 画像 燃料電池の高性能化、日立マクセルが新触媒を開発…白金の約4.8倍
  • 排ガス浄化用ペーパー触媒を開発…FCCが2010年に商品化 画像 排ガス浄化用ペーパー触媒を開発…FCCが2010年に商品化
  • 【D視点】欲張り企画にデザインは応えたか…パナソニック チタン 自転車 画像 【D視点】欲張り企画にデザインは応えたか…パナソニック チタン 自転車

特集