『日産GT2012』…成長と信頼

日産自動車のゴーン社長は13日の決算発表の席上、今年度から2012年度まで5か年の中期計画「日産GT2012」を発表した。成長(グロース)の「G」と信頼(トラスト)の「T」をキーワードに「ステークホルダーの信頼とともに、長期的な成長を目指す」(ゴーン社長)という。

自動車 ビジネス 企業動向
『日産GT2012』…成長と信頼
  • 『日産GT2012』…成長と信頼
  • 『日産GT2012』…成長と信頼
日産自動車のカルロス・ゴーン社長は13日の決算発表の席上、今年度から2012年度まで5か年の中期計画「日産GT2012」を発表した。成長(グロース)の「G」と信頼(トラスト)の「T」をキーワードに「ステークホルダーの信頼とともに、長期的な成長を目指す」(ゴーン社長)という。

計画では3つのコミットメントを掲げた。第1は「品質領域でのリーダー」であり、商品だけでなくサービスやブランド、マネジメントなどあらゆる領域でトップレベルを目指す。

2番目は「ゼロエミッション車でのリーダー」とし、2010年から日米で発売する電気自動車を12年までにイスラエル、デンマークなどグローバルに展開していく方針。さらに3番目として、5年間の売上高を平均5%拡大させることを 掲げた。

「安定した会社なのでより長期的な目標を掲げた」(同)というものの、従来のような世界販売台数や利益目標はコミットしなかった。ゴーン社長は売上高営業利益率8%を「ガイドライン」としていくが、「外部環境によって変動する」と述べた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集