ダンプと衝突 チャイルドシートに座っていて軽傷

16日午後、山形県鶴岡市内の国道7号で、26歳女性の運転する軽乗用車が対向車線側に逸脱。大型ダンプトラックと正面衝突する事故が起きた。運転者が重傷を負ったが、チャイルドシートに座っていた生後11か月の男児は軽傷で済んだ。

自動車 社会 社会
16日午後、山形県鶴岡市内の国道7号で、26歳女性の運転する軽乗用車が対向車線側に逸脱。大型ダンプトラックと正面衝突する事故が起きた。クルマは元の車線に弾き飛ばされ、後続車も追突。運転者が重傷を負ったが、同乗していた生後11か月の男児は軽傷で済んだ。

山形県警・鶴岡署によると、事故が起きたのは16日の午後1時35分ごろ。鶴岡市由良付近の国道7号を走行していた軽乗用車が対向車線側に逸脱。対向車線を順走してきた50歳男性の運転する大型ダンプトラックと正面衝突した。クルマは元の車線の弾き飛ばされ、後ろから進行してきた36歳の男性が運転する乗用車も追突している。

2度の衝突でクルマは大破。運転していた女性が鎖骨などを骨折する重傷。生後11か月の男児も同乗していたが、チャイルドシートに座っていたために打撲などの軽傷で済んだ。

現場は片側1車線でカーブが連続する区間。警察ではハンドル操作の誤りが事故の主因と推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • カーブを曲がりきれずに対向車と衝突 3年ぶりの死亡事故 画像 カーブを曲がりきれずに対向車と衝突 3年ぶりの死亡事故
  • トラックに正面衝突、乗用車の2人が死傷 速度超過で逸脱か 画像 トラックに正面衝突、乗用車の2人が死傷 速度超過で逸脱か
  • 凍結路面でスリップか、乗用車が大型トラックと正面衝突 画像 凍結路面でスリップか、乗用車が大型トラックと正面衝突
  • 正面衝突で妊娠中の女性が死亡、胎児も助からず 画像 正面衝突で妊娠中の女性が死亡、胎児も助からず

特集