ロボットスーツ HAL を量産化 医療介護用

自動車 ビジネス 企業動向
ロボットスーツ HAL を量産化 医療介護用
  • ロボットスーツ HAL を量産化 医療介護用
  • ロボットスーツ HAL を量産化 医療介護用
大和ハウス工業は、医療・介護用自立支援ロボットスーツ『HAL』の研究・開発を手がるサイバーダイン社の量産工場を茨城県つくば市に建設すると発表した。医療・介護を中心とした人支援ロボットスーツの量産工場は世界初。

サイバーダインは、人支援サイバニクス技術の世界最先端の企業として、ロボットスーツのHALの量産化と機能アップに向け開発に取り組んでいる。

昨年2月には、大和ハウス工業と住宅や医療・介護施設、スポーツ施設でのロボットスーツの活用について業務提携し、今後、さらに次世代の居住環境に関する共同研究・分野を開拓していく。

今回、人支援サイバニクス技術の国際拠点としてロボットスーツのHALの量産化に向けた工場を着工する。

サイバーダイン、大和ハウス工業は、今後も連携しながら医療・福祉・労働・重作業など、技術を必要とする分野に向けた研究開発を進め、大和ハウスグループが保有する住宅、商業施設、医療・介護施設の建築事業をはじめとする経営資源などを組み合わせ、ロボットスーツHALの市場への供給体制を構築していく。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース