日本ビクター、通期業績見通しを下方修正

自動車 ビジネス 企業動向
日本ビクターは、2008年3月期の連結決算業績見通しの下方修正を発表した。

売上高は6800億円を見込んでいたが6580億円と前回予想を大きく下回る見通し。液晶テレビで一部新商品の投入が遅れたことや電子デバイス部門で納入先の生産調整が影響した。

30億円を予想していた営業利益は、収益重視の販売施策の推進や生産・販売拠点統合によるリストラ効果などで、31億円とほぼ前回予想通りだが、経常損益は為替が円高ドル安となったことかどから、70億円の赤字から80億円の赤字へと赤字幅が拡大する見通し。

最終赤字は、325億円から478億円と悪化する見通し。ディスプレイ関連事業や記録メディア、オーディオ関連で減損損失による特別損失を計上するため。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース