トヨタファイナンス、モード学園スパイラルタワーズにQUICPay導入

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタファイナンスは、11日にオープンした「モード学園スパイラルタワーズ」地下1、2階の出店店舗14店舗のうち、飲食店など7店舗に非接触ICによる小額決済サービス『QUICPay』を導入したと発表した。

導入店舗には『Edy』との複数方式での小額決済サービスを導入、大半の店舗では共用読み取り端末で利用できる。名古屋駅前の象徴的な存在として話題のモード学園スパイラルタワーズの地下主要店舗にQUICPayを導入することで、名古屋駅前地下街でつながった大半の主要ビル・商業施設でQUICPayを利用できると、している。

同社では、残りの店舗にも導入アプローチを続けていくとともに、QUICPay導入を中心に、「名古屋発キャッシュレス化」に積極的に取り組むとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集