『コンシューマーレポート』トップ10中の7車種が日本ブランド

自動車 ビジネス 企業動向

『コンシューマーレポート』トップ10中の7車種が日本ブランド
  • 『コンシューマーレポート』トップ10中の7車種が日本ブランド
  • 『コンシューマーレポート』トップ10中の7車種が日本ブランド
  • 『コンシューマーレポート』トップ10中の7車種が日本ブランド
  • 『コンシューマーレポート』トップ10中の7車種が日本ブランド
  • 『コンシューマーレポート』トップ10中の7車種が日本ブランド
『コンシューマーレポート』誌を発行する米消費者組合が毎年発表する、自動車のトップピックモデル、10カテゴリー分が発表された。

トップに選ばれた車種は7モデルが日本ブランド、2車種が韓国ブランド。アメリカブランドはピックアップトラック部門でシボレー『シルバラード』が選ばれたのみにとどまった。

『コンシューマーレポート』のトップ10は、車の価格、性能、耐久性、リセールバリューなどを総合的に判断して点数評価した結果選ばれるが、今回初めて「5年間のランニングコスト」も評価の対象に加わった。『コンシューマーレポート』によると、「安い車がかえって修理費などでオーナーの負担となるケースもあり、燃費だけではなく総合的な減価償却を考える必要がある」という。

カテゴリーごとのトップモデルのほか、総合的に優れたメーカーランキングも発表されるが、今年のトップ3はホンダ、トヨタ、スバルで、ワースト3はGM、スズキ、クライスラーだった。

各カテゴリーごとのトップモデルは以下の通り。
●スモールセダン:ヒュンダイ・エラントラSE
●ファミリーセダン:ホンダ・アコード
●アップスケールセダン:インフィニティG35
●ラグジュアリーセダン:レクサスLS460L
●グリーンカー:トヨタ・プリウス
●ファン・トゥ・ドライブ:マツダMX5ミアータ
●スモールSUV:トヨタRAV4
●ミッドサイズSUV:ヒュンダイ・サンタフェ
●ミニバン:トヨタ・シエナ
●ピックアップトラック:シボレー・シルバラード1500スーパーキャブ
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集