助手席に置いていたバッグが奪われる 現金約150万円

自動車 社会 社会

28日未明、千葉県船橋市内のスーパーマーケット駐車場で、52歳の女性が運転する乗用車のドアを見知らぬ男が開け、助手席に置いてあった現金約150万円が入ったバッグを奪われる事件が起きた。警察では窃盗事件として捜査を開始している。

千葉県警・船橋東署によると、事件が起きたのは28日の午前0時50分ごろ。船橋市習志野台5丁目付近のスーパーマーケット駐車場で、買い物を終えた52歳の女性が自己所有の乗用車に乗り込んだところ、見知らぬ男が助手席側のドアを開け、助手席シートの上に置いてあった現金約150万円入りのバッグを奪った。

男は近くに止めてあったバイクで逃走。女性にケガはなく、警察では窃盗事件として捜査を開始している。

現場は住宅地の中にあるスーパーマーケット。女性は事件の3日ほど前に銀行から現金を引き出していた。医療費などに使う予定だったと説明している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集