凍結路面でスリップしたクルマ、ガードレールに衝突

自動車 社会 社会

25日朝、三重県亀山市内の国道25号(通称:名阪国道)で、板屋インターチェンジ(IC)付近の側道を走行していた乗用車がガードレールに衝突する事故が起きた。クルマは大破し、運転していた男性が収容先の病院で死亡している。

三重県警・亀山署によると、事故が起きたのは25日の午前7時30分ごろ。亀山市加太板屋付近の国道25号・板屋ICで、側道を走行していた乗用車が凍結路面でスリップし、ガードレールに衝突した。

クルマは衝突によって大破。運転していた55歳の男性は頭部を強打、鈴鹿市内の病院に収容されたが、意識を回復しないまま死亡している。

現場は本線に向かうために設けられた一方通行の側道で、直線区間。事故当時はシャーベット上の雪が積もり、非常に滑りやすい状態だった。警察では事故車両の装着タイヤについて調べを進めている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品