凍結路面でスリップか、乗用車が大型トラックと正面衝突

自動車 社会 社会

25日早朝、滋賀県近江八幡市内の県道で、対向車線側に逸脱したとみられる乗用車と、対向車線を順走してきた大型トラックが正面衝突した。乗用車は大破炎上したが、運転していた男性は後続車などの運転者が救出している。

滋賀県警・近江八幡署によると、事故が起きたのは25日の午前6時30分ごろ。近江八幡市大中町付近の県道を走行していた乗用車が対向車線側に逸脱。対向車線を順走してきた大型トラックと正面衝突した。

乗用車は大破炎上。運転していた21歳の男性は右足などを骨折し、一時は車内に閉じ込められる状態となったが、後続車などの運転者が男性を車外に引っ張り出した。クルマはこの直後に激しく燃え上がったという。男性は近くの病院に収容されたが重傷。トラックを運転していた50歳の男性にケガはなかった。

現場は片側1車線の緩やかなカーブ。道路は低温のために凍結していた可能性もあり、警察では事故発生の経緯について調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集