ミニパトカー、太陽が眩しすぎて信号無視

自動車 社会 社会

24日朝、兵庫県赤穂市内の市道を走行していた兵庫県警・赤穂署のミニパトカーが、赤信号を無視して交差点に進入。道路を自転車で横断していた女子高校生と接触した。女子高校生は軽傷。警察ではミニパトカーを運転していた警部補から事情を聞いている。

同署によると、事故が起きたのは24日の午前8時15分ごろ。赤穂市大橋町付近の市道を走行していた同署・地域課のミニパトカーが赤信号を無視して交差点に進入。横断歩道を渡っていた18歳の女子高校生が乗る自転車と左側ドアミラーが接触した。

自転車は接触の弾みで転倒。足などを打撲する軽傷を負った。同署ではミニパトカーを運転していた53歳の警部補から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。事故当時はパトロール中だったという。

調べに対して警部補は「太陽が信号機の後ろに位置しており、眩しくて信号機の色が確認できなかった」などと供述しているようだ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品