アクセルとブレーキを踏み間違えたクルマが店内突入

自動車 社会 社会

23日午前、長野県中野市内のスーパーマーケット駐車場で乗用車が暴走し、店内に突入する事故が起きた。この事故で店内にいた客の男性1人がクルマの下敷きとなり、胸部骨折の重傷。警察ではクルマを運転していた49歳の男性から事情を聞いている。

長野県警・中野署によると、事故が起きたのは23日の午前11時ごろ。中野市三ツ和付近にあるスーパーマーケット駐車場で乗用車が暴走し、そのままガラスを突き破って店内に進入した。

クルマは軽食コーナー付近を直撃。店内にいた70歳の男性客がクルマの下敷きとなり、近くの病院に収容されたが、胸部骨折の重傷。運転していた49歳の男性も打撲などの軽傷を負った。

警察ではクルマを運転していた男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いているが、調べに対して男性は「クルマが急に加速して止まらなくなった」などと話しているという。

事故の一部始終を目撃していた店員は「クルマは店内に突入してきてからも、エンジンが唸りを上げ、タイヤが空転していた」などと話していることから、警察ではアクセルとブレーキを踏み間違え、パニック状態となった男性がアクセルをさらに踏み続けたことが事故につながったと推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集