背後からひき逃げされ、顔面骨折

自動車 社会 社会

22日未明、福島県須賀川市内の市道を歩いていた男性がクルマにはねられて重傷を負う事故が起きた。クルマは現場から逃走しており、警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始している。

福島県警・須賀川署によると、警察が事件発生を認知したのは22日の午前3時55分ごろ。須賀川市弘法坦付近の市道に男性が顔面から血を流して倒れているのを近隣の住人が発見。警察に届け出た。

男性は近くの病院に収容されたが、顔面骨折の重傷。後に同市内に在住する57歳の男性と判明した。男性はクルマにはねられたとみられるが、クルマは現場から逃走しており、警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始している。

現場は片側1車線。警察では男性の回復を待ち、事故当時の状況について話を聞く方針だ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品