タンクローリーが横転、運転者が走行中に意識不明?

自動車 社会 社会

19日午前、大阪府守口市内の国道1号を走行していたタンクローリー車が路外に逸脱。歩道のガードレールに接触した弾みで横転した。運転していた57歳の男性は間もなく死亡。警察では事故発生の原因を調べている。

大阪府警・守口署によると、事故が起きたのは19日の午前9時20分ごろ。守口市八雲東町付近の国道1号上り線を走行していたタンクローリー車が路外に逸脱。道路左側の歩道ガードレールに接触した弾みで横転した。

車両は中破。運転していた57歳の男性は近くの病院に収容されたが、間もなく死亡している。

現場は片側2車線。事故の状況から、警察では運転中の男性が意識を失った可能性もあるとして、さらに調べを進めている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品