父親のクルマを無免許で乗り回し、重傷ひき逃げを起こす

自動車 社会 社会

18日未明、神奈川県平塚市内の県道で、赤信号を無視して進行してきた乗用車と、新聞配達員のバイクが出会い頭に衝突した。新聞配達員の男性は重傷。警察ではクルマを現場に乗り捨てて逃走していた17歳の少年をひき逃げなどの容疑で逮捕している。

神奈川県警・平塚署によると、事故が起きたのは18日の午前2時40分ごろ。平塚市南豊田付近の県道で、赤信号を無視して交差点に進入してきた乗用車と、新聞配達を行っていた20歳男性の運転するバイクが出会い頭に衝突した。

バイクを運転していた男性は頭部強打などの重傷を負ったが、クルマに乗っていた3人の若い男はその場にクルマを乗り捨てて徒歩で逃走。警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始したところ、クルマは伊勢原市内に在住する男性が所有するものと判明した。

さらに調べを進めたところ、所有男性の実子である17歳の少年が勝手にクルマを持ち出し、乗り回していたことが判明。警察ではこの少年を自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ、無免許運転)容疑で逮捕している。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品