酒に酔った男、駐車監視員を殴って逮捕

自動車 社会 社会

愛知県警は13日、愛知県豊橋市内で違法駐車の取り締まりを行う駐車監視員を殴打し、その職務を妨害したとして32歳の男を公務執行妨害容疑で逮捕した。犯行当時は酒に酔っていたが、容疑は大筋で認めているという。

愛知県警・豊橋署によると、逮捕された男は12日の午前9時50分ごろ、豊橋市松葉町1丁目付近で違法駐車の取り締まりを行っていた駐車監視員2人に対し、「ふざけたことするな」などと言いがかりを付けるとともに、2人の頭部を拳で殴打した疑いがもたれている。2人はヘルメットを着用しており、ケガはなかった。

男は取り締まり対象となっていた軽乗用車に同乗して逃走。警察では駐車違反取り締まり業務に対する公務執行妨害事件として捜査を開始。クルマのナンバーから運転者を特定。この人物から任意で事情を聞いていたが、その供述から同市内に住む32歳の男が容疑に関与したと断定。13日までに逮捕した。

調べに対し、この男は「当時は酒に酔っていた」、「知人のクルマが取り締まられていたので腹が立ってやった」などと供述し、容疑については大筋で認めているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集