イエローハット、中東初の店舗をドバイにオープン

自動車 ビジネス 企業動向

イエローハットは、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国で、中東地域の第1号店となります「イエローハット・ドバイ・タイムズスクエア店」を15日に正式にオープンすると発表した。

同社は2006年度末にUAEの有力財閥であるシャラフグループとフランチャイズ契約を締結し、立地条件、ドバイ市場でのマーケティング戦略や商品戦略などを検討してきた。この結果、ドバイの主要道路であるSheikh Zayed Road沿いに、2007年に開設されたシャラフグループの大型ショッピングモール「タイムズスクエア」敷地内にイエローハット1号店タイムズスクエア店を出店する。

同ショッピングモールはオープン後1年未満にもかかわらず、その特徴のあるデザインと立地条件から、すでに地元居住者にも幅広く認知されており、観光スポットとしても注目されているショッピングモールだ。

今後のドバイにおけるイエローハットのフランチャイズ展開における長期的な展望の下、イエローハットとシャラフグループの両マネージメントが同地域におけるイエローハット・ブランド確立の一環として、同ショッピングモール内にイエローハット1号店を出店することを決定した。

イエローハット店舗の延床面積は723平方メートルで、6台分のピットも備える。

イエローハットでは、ドバイ1号店に続き、今春にはドバイの新興住宅街地域であるNad Al Hammer地区にドバイ2号店を出店する予定。2号店は、洗車用を含むピット台数を計18台を備えた中型の独立店で、イエローハットの通常PITサービスに加え、機械・手洗い洗車サービスも付加する予定だ。

また、ドバイ3号店の候補として、ガス・ステーションとの併設を検討しており、今後5年以内にUAE全土に5店舗以上の出店を計画している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集