海上自衛官が飲酒運転原因の追突事故

自動車 社会 社会

8日未明、熊本県宇城市内の九州自動車道下り線を走行中の乗用車が、前走する軽乗用車に追突する事故が起きた。軽乗用車は衝突の弾みで横転。乗っていた2人が軽傷を負っている。警察は乗用車を運転していた海上自衛官の20歳海士長を逮捕している。

熊本県警・高速隊によると、事故が起きたのは8日の午前4時25分ごろ。宇城市小川町付近の九州自動車道下り線を走行していた乗用車が、前走する軽乗用車に追突した。

軽乗用車は追突の弾みで急ハンドルを切ったことが原因で横転。乗っていた女性2人が打撲などの軽傷を負っている。乗用車を運転していた20歳の男からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出したことから、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕した。

逮捕された男は後に海上自衛隊・佐世保地方総監部に所属する海士長と判明。事故当時は帰省のために休暇中だった。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品