漫然とバックし、後方に立っていた人をはねる

自動車 社会 社会

16日夕方、和歌山県那智勝浦町内の町道で、道路に隣接する民家の敷地内に向かってバックで進行していた乗用車が後方に立っていた66歳の女性をはねる事故が起きた。女性は転倒した際に頭部を強打し、収容先の病院で死亡している。

和歌山県警・新宮署によると、事故が起きたのは16日の午後4時25分ごろ。那智勝浦町狗子ノ川付近の町道で、道路に隣接する住宅の敷地内に向かってバックで進行していた乗用車が、後方に立っていた66歳の女性をはねた。

女性はクルマに押し倒された際に頭部を強打。近くの病院に収容されたが、事故から約2時間後に死亡している。警察ではクルマを運転していた75歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

警察では男性が後方を確認しないまま、漫然とバックを始めたことが事故の主因ではないかと推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集