クラリオンのブランドコミュニケ活動にJK、ヴァドー、FEEL SO GOOD

自動車 ビジネス 企業動向

クラリオンのブランドコミュニケ活動にJK、ヴァドー、FEEL SO GOOD
  • クラリオンのブランドコミュニケ活動にJK、ヴァドー、FEEL SO GOOD
クラリオンは、グローバルブランド「Clarion」の浸透・認知向上を目的に2008年ブランド・コミュニケーション活動を、世界的に有名な英国のジャズファンクバンド、ジャミロクワイのボーカル「JK」とイタルデザイン・ジウジアーロ社のコンセプトカー「VAD.HO」(ヴァドー)をキービジュアルに起用し、ワールドワイドに展開する。

新たなビジュアルは、2008年1月7日から北米で開催される2008 International CESのクラリオンブースで公開した後、順次全世界で展開する。日本国内では、来春からホームページで公開、TVCMやカタログ、販売店向けポスターなどのPOP等などで展開する予定だ。

同社では「クルマなどの移動空間で音楽と情報のインターフェースとなること」を目指すブランドスローガン「Human Mobile Music Media Interface Clarion H.M.I.」の浸透を図るため、2007年はJKとイタルデザイン・ジウジアーロ社のコンセプトカー『モレー』、ジャミロクワイの楽曲「Feel So Good(Knee Deep Remix)」を使用したブランド・コミュニケーション活動を展開してきた。

「シームレス」をキービジュアルのコンセプトとする第2弾の展開で、製品とブランドの訴求をさらに強力に推進する。クラリオンブランドの目指す一歩先行くイメージを表現する楽曲「Feel So Good」は、2008年も使用する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集