日産ディーゼル、小型エンジン開発部門を日産ライトトラックに移管

自動車 ビジネス 企業動向

日産ディーゼル工業は、小型エンジンの開発部門を日産ライトトラックに移管すると発表した。

日産ライトトラックは、日産自動車と日産ディーゼルの小型トラックを開発・製造する合弁会社で、日産の商用車戦略を担っている。今回、小型トラックの開発力を強化するため、日産ディーゼルの小型エンジンの開発部門を日産ライトトラックに移管する。日産ディーゼルの「小型開発部」は廃止する。

日産ディーゼルは、親会社のボルボとの連携強化している関係から、大型エンジンの開発に注力しており、小型トラックの開発は、日産主導の日産ライトトラックに移管することで、開発資源を集中させる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集