無免許で当て逃げ、逃走中に身代わり出頭者の手配も

13日未明、大阪府羽曳野市内の府道で赤信号を無視して交差点に進入した普通トラックと、青信号に従って進行していた大型トラックが出会い頭に衝突した。普通トラックは現場から逃走したが、警察は後に運転していた男をひき逃げ容疑で逮捕している。

自動車 社会 社会
13日未明、大阪府羽曳野市内の府道で赤信号を無視して交差点に進入した普通トラックと、青信号に従って進行していた大型トラックが出会い頭に衝突した。普通トラックは現場から逃走したが、警察は後に運転していた男をひき逃げ容疑で逮捕している。

大阪府警・羽曳野署によると、事故が起きたのは13日の午前4時10分ごろ。羽曳野市恵我之荘5丁目付近の府道交差点で、赤信号を無視して進行してきた普通トラックと、青信号に従って進行してきた大型トラックが出会い頭に衝突。大型トラックは弾みで交差点に隣接する飲食店にも突っ込んだ。

この事故で大型トラックを運転していた53歳の男性が足を骨折する重傷を負ったが、普通トラックは現場から逃走。約600m離れた場所で立ち往生しているのを同署員が発見。運転していた24歳の男を道路交通法違反(ひき逃げ)の現行犯で逮捕。このトラックに同乗していた20歳の男性も救出したが、頭部強打で意識不明の重体となっている。

トラックを運転していた男は無免許で、呼気からは酒気帯び相当量のアルコール分も検出されている。友人に身代わり出頭させようとしたともみられており、警察では悪質な事案と判断。危険運転容疑適用も視野に入れた捜査を続けている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集