ひき逃げの男、「人とは思わなかった」と供述

自動車 社会 社会

9日夕方、京都府舞鶴市内の府道で74歳の女性がクルマにひき逃げされ、道路に隣接する川に転落する事故が起きた。女性は間もなく死亡。警察では事故翌日に82歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

京都府警・舞鶴署によると、事故が起きたのは9日の午後5時ごろ。舞鶴市河辺中付近の府道に隣接する自宅前でゴミの分別作業を行っていた74歳の女性がクルマにはねられ、道路脇を流れる川まで弾き飛ばされた。

女性はすぐに近くの病院に収容されたが、全身を強打して間もなく死亡。警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始したが、事故翌日になって「何かに当たった気がする」と82歳の男が出頭。フロントガラスが割れるなど、事故の痕跡が残るクルマも確認したため、自動車運転過失致死や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。

調べに対して男は「人だとは思わなかった」などと話しているという。警察では事故当時の状況や逃走の動機について調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集